CULTURE

海を感じる貝類館

まだまだオンライン授業が続いているので家にこもりがちです。気分転換に散歩に行こうと思っても雨が降っていると出かけるのがおっくうに…。雨に濡れたくないけれど出かけたい、ちょっぴり海の気分も楽しみたい。そんなわがままを叶えてくれる場所が西宮浜にあります!今回はロマンが詰まった西宮市貝類館をご紹介します。

入口まで

 貝類館は駅から離れているので、車以外ならバスで行くのがおすすめです!貝類館のHPを見ると最寄りのバス停からすぐと書いてありました。疑り深い私は「そんなすぐ着くことあるのかな」と思っていましたが、本当に目と鼻の先でした(笑) これが証拠写真です!

バス停から写真を撮ってもこんなに近い!

屋根があるので雨でも濡れる心配はありません。

近代的な雰囲気の廊下を進んでいくと入り口です。

入館前に消毒と検温をしました。チケットを買ったら貝のプレゼントがありました!10種類以上から選べるので迷いましたが、最後は直感でかわいいと思ったこちらに決定。紫と白の組み合わせが素敵!

職員の方に聞いたところ館内は写真撮影OKでした!ここからは写真で中の様子をお伝えしていきます。

貝のテーマパーク

入口近くの床には西宮市の航空写真がデザインされていました。入ってすぐには上ばかり見ていたので気づかず、帰るときに気づきました(笑) 改めて見ると西宮市は広くて海も山もあって自然豊かですね。

中の展示はこんな感じです。

日本にはたくさんの種類の貝がいます。カタツムリも地域によって種類が異なるそうです。

そしてカタツムリのコーナーもありました!

実はナメクジはカタツムリが進化したものだってこと知っていますか?カタツムリは「でんでんむしカタツムリ♪」の歌にもなっていますが、ナメクジは見た目のせいで気持ち悪いと思われがちです…。ナメクジなんて気持ち悪い!という声を聞くたび、カタツムリの殻が退化したのがナメクジなのになんだかかわいそうだと思ってしまいます(笑)

綺麗な貝殻

ここからは私のお気に入りの貝殻の写真が続きます。

ネギに見えるけど貝殻です!

貝殻をスプーンにしていたそうです。透き通るような美しさがあります。

番外編

海洋冒険家の方が世界一周したときのヨットです。

帰りのバスが来るまで少し時間があったので近くを歩いてみました。海が見えていたので行ってみると…。

たくさんのヨットが並んでいました!あいにくの曇り空でしたが、海風が気持ちよかったです。

まとめ

博物館というと子供が遠足で行く場所というイメージでしたが、貝類館は大人でも十分楽しめました。色とりどりの貝を見ていると心が洗われます。海外旅行が難しくても世界中の貝を見ることができました。近くには海や公園があるので、来館した後にピクニックをするのもいいですね。自分の目で海を感じたい方はぜひ足を運んでみてください!

この記事を書いた人

みんみん

ライター

生まれた病院も通っている大学も西宮です。不思議と西宮にご縁がありますが、まだまだ西宮には知らない魅力がたくさんあります。少しでもお伝えしていけるように頑張ります!

関連記事

CULTURE

2021.09.09 Thu

ニシマグ学生編集部活動記録 Vol.15

キイロ

CULTURE

2021.09.08 Wed

西宮ウォーキングガイド|有馬街道から蓬莱峡を望む編

コウヤマヒロシ

CULTURE

2021.08.23 Mon

ニシマグ学生編集部活動記録 Vol.14

ぴぴ

CULTURE

2021.08.22 Sun

神社巡りin西宮

Nana