CULTURE

西宮ウォーキングガイド|甲東園からパノラマを探して編

○○と煙は高いところが好き、とは言いますが、あながち間違っていないのかもしれません。何も考えずに、高いところから景色を見下ろすのは本能的に気持ちが良い気がします。

甲東園駅の西側はキャンパスに繋がる坂になっていますが、もう少し南の新幹線に近いエリアに割と駅近で眺めのいいところがあるんです。空気の澄んだ季節こそ、高いところから西宮を眺めてみることにします。

高架の新幹線がいつの間にか足の下に。アップダウンがパノラマを生む

今回のコースは阪急今津線甲東園駅の西口を出発。やくじんさん筋を通って南進。新幹線を横目に、勾配の上の方にある門戸天神社、厳島神社を巡るコースです。

今回の地図は①甲東園駅西口をスタートし、②門戸天神社を参拝、③通称新幹線公園を通って厳島神社となっています。所要時間の目安は①~②15分、②~③15分、帰路に20分くらいです。足元はアスファルトで歩きやすいのですが、眺めのよいロケーションを求めるため坂の登り降りは発生します。特に神社の手前は階段です。

ちなみに筆者は大柄な30代男性です。写真をとったりメモをとったりしながら歩くので、足取りのしっかりしたおじいちゃんくらいの早さです。行きつ戻りつしながら適宜休憩もしています。移動時間は大体の目安にしてください。

①~②甲東園駅から新幹線の高架を目印に小高い山上の神社へ。15分

10:40甲東園駅西口を出発します。関西学院のキャンパスをはじめ多くの学校に繋がる道ですが、時間のためかあまり人はいません。突き当りまで進みます。

突き当りで道はいくつかに分岐しています。そのうち2本はここから小高くなっている学校がある方面への登り口。そこは回避して、左折してやくじんさん筋を進みます。坂の登り口にはお地蔵さん。曲がり角には公園?らしきスペース。

その先に進むと新幹線の高架が見えてきます。高架に突き当たったら新幹線沿いに西に進みます。上り坂です。そう、この先で新幹線はトンネルに入ります。新幹線は平行に走っているのですが、地形が上り坂のため段々新幹線が地面に埋まっていくような印象です。

坂を少し上ると、右手に石の階段。この先に門戸天神社があります。灯篭はありますが、門戸天神社の名前が書かれた看板などは一切ありません。

竹が植わっていたり、巨大な松ぼっくりが落ちていたりとほんのり和風な雰囲気。秋には大量のドングリも落ちています。

一端、道路と合流して・・・さらに登り階段。緑に包まれて、どこまであるのか見通せないのが心憎い演出です。

11:50ほんのり汗ばんだくらいで鳥居が見えてきました。門戸天神社です。鳥居の右側に祀られた岩は自然石崇拝の名残なんだそうです。常緑樹が多いのか、緑の植物がこの季節でも茂っています。実は弥生時代の土器が出るなど古墳もあったそうで、この辺りには相当昔から人が住んでいたのでしょう。

拝殿と狛犬様。狛犬の前には盛り土がされています。誰か整えている人がいるのでしょう。

お稲荷さんや小さな祠、保護樹木になっているヤマモモなどを眺めて境内を一周。

少しだけ木々から出られるエリアがあり、そこからは新幹線の見える景色が広がっていました。

②~③新幹線を眺めて、昔お寺があった高台へ。15分

11:10門戸天神社を降りて、新幹線公園(山陽新幹線記念公園)へ。人慣れたカラスと並んで、新幹線の線路を眺めます。

新幹線公園から北を向くと、階段とその先の鳥居が見えます。神呪厳島神社(かんのういつくしまじんじゃ)です。

鳥居まで階段を登ります。ああ、またその先も階段です。鳥居の上に乗せられた石は、誰かの願掛けなのでしょうか。

この階段を登りきると拝殿が見えます。拝殿は赤い柵で囲まれているちょっと珍しい形です。すぐ横の看板を見ると、現在は甲山にある神呪寺がこの辺りにあったとのこと。確かに敷地は広いです。

狛犬さんと見つめあってみます。

ぐるりと敷地内を回ると石の祠がありました。ご神体は狛犬でしょうか?

振り向けば大パノラマ。方角的には多分大阪湾の方を向いているはずです。空もさえぎるものがなく、高く見えます。

12:35新幹線線路の保全車両かな?を眺めながら、甲東園駅まで帰りました。2872歩

思ったより近いのにこんなに眺めが違うのか

坂や階段の上り下りは避けられませんが、甲東園駅から30分以内でたどり着ける近さです。お弁当でも持ってサッと歩いて、景色を眺めながらのランチに適しているのかもしれません。

また、門戸天神社は秋になると大量のドングリが落ちてきます。子供を連れて行くと異常に喜びます。

一人で来るのも、誰かと来るのもちょっと楽しいウォーキングができそうです。

INFORMATION

門戸天神社

  • 〒662-0813 兵庫県西宮市上甲東園1丁目2 2−30
  • 阪急今津線甲東園駅より徒歩10分


この記事を書いた人

コウヤマヒロシ

ライター

西宮在住10年くらいの兼業主夫ライターです。 二児の父。 地元の方から教わったお店や子供と遊べるスポットなど、フットワーク軽く発信していきます。

関連記事

CULTURE

2021.05.10 Mon

甲子園辺り今と昔・その5.昔は川だった甲子園筋

おじまあきら

CULTURE

2021.05.01 Sat

ニシマグ学生編集部活動記録 Vol.10

ぴぴ

CULTURE

2021.04.15 Thu

気ままに川歩き|武庫川編

いぬめり

CULTURE

2021.03.25 Thu

【随時更新】西宮さくら観測記2021

ニシマグ管理者