TRIP CULTURE

お一人さまさまvol.2|ガラス工房で自分だけの作品を

自分で手作りしたものって愛着が湧きますよね~。なにより作っている途中が楽しいです。大切な人へのプレゼントでも自分用でもオリジナルのものだと更に大切にできる気がします。そんな素敵な時間とオリジナルのガラス作品を手に入れられる場所が西宮にはあります。そこは「酒蔵通り煉瓦館」にある「ガラス工房やまむら」です!

雰囲気のあるレンガ作り

酒蔵通りを歩いていると見えてくるのが赤いレンガの建物。そこが「酒造通り煉瓦館」です。

思わず「わぁ~」と声が出てしまいます。雰囲気があって早く体験したくなりますね。中に入るとレストラン「花さかり」、お酒の特選品の売店もあります…が…私はまだ未成年なのでお酒の予習だけにしておきました。

はやく飲んでみたいな~

飲めなくても大丈夫!未成年の方でも楽しめるのが館内にある「ガラス工房やまむら」です。

ガラスを楽しむ

工房の前にはたくさんのガラスの作品が展示されています。販売も行っています。

早速中に入ると中にもたくさんのオリジナル作品が販売されていました。アクセサリーや食器などがありました。

そして本題の体験をはじめます。体験にはいくつか種類があります。

ガラスの表面に柄を入れるサンドブラスト体験(税込み1870円)

吹きガラス一日体験(税込み3300円)

吹きガラス教室6回コース(33000円)があります。

初心者の方から本格的にやりたい方まで楽しめるコースがそろっています。

今回体験するのは一日体験コースです。 予め予約する必要があります。

体験スタート

まずは一輪挿しかタンブラーどちらを使うかをきめます。一輪挿しの口を広げることでタンブラーになります。次にデザインを決めます。同じタンブラーでも飲み口の広がり方も選べます。横にラインを入れることができます。さらにぼこぼこと凹凸を付けられます。色はこの中から選びます。何色選らんでも構いません。

今回はタンブラーにラインを入れて凹凸のあるデザインにしました。色は白とオレンジを選びました。

スタッフのお兄さんが工程を説明してくれます。失敗しても修正してくださるので初めてでも安心です。それにしても暑い!なんと釜土の火は1225度もあるようです。

始めに色をつけていきます。選んだ色の粒をガラスに転がしてつけます。

おなじみの吹く作業です。風船を膨らます感覚で吹いていきます。これがとても難しいです。思いっきり吹いてしまうと割れちゃいます。ガラスを温めながら少しずつ吹いていきます。

だんだん膨らんできました。

次に口の部分をすぼめます。

ラインを入れるため、ぐるぐるとガラスを巻き取っていきます。

濡れた木の板で底を作る作業です。

凹凸を入れます。どのくらい入れるか選べました。今回は四か所いれました。

口の部分をやすりで切ります。カキンと気持ちよくきれました。

このままだと一輪挿しになってしまうので口をひろげていきます。口がひろがった形をめざします。

完成形になりました。だいたい20分ほどでした。

色がついている部分は茶色いですが熱が取れると色が変わるそうです。どんな色になるのか楽しみです。

完成

出来上がった作品は作ったその日に持ち帰ることができません。後日とりにくるか、700円で郵送していただけます。

そして家にタンブラーが届きました!

オレンジがとても綺麗です。凹凸やラインを入れたことで味がでますね。全く同じものはつくれないので世界で一つです。何をいれてのみましょうか。本当なら煉瓦館の日本酒を飲みたいところですが…

オリジナルの作品とともに貴重な体験ができました。タンブラーを使うたびに思い出すことができますね。沢山の人数でわいわい作るというよりは真剣に集中して製作するイメージでした。もちろんおひとり様でなくても楽しめますが、趣味として本格的に学びたい人にもおすすめの工房です。西宮で体感して楽しみたい方はぜひ遊びに行ってみてください。

INFORMATION

ガラス工房やまむら

  • 〒662-0921 兵庫県西宮市用海町4-28 日本盛 酒蔵通り煉瓦館内
  • 0798-32-2556
  • 11:00~19:00
  • 煉瓦館休館日 火曜日 水曜日 年末年始
  • JR 「西宮駅」下車 南へ  徒歩15分 阪神電車 「西宮駅」下車 南東へ  徒歩15分 「今津駅」下車 南西へ  徒歩15分 阪急電車 「今津駅」下車 南西へ  徒歩15分
  • https://www.yamamura.co.jp