GOURMET

苦楽園口|新しくオープンしたフレンチカフェ!モーニングもランチも夜カフェも!

苦楽園口の駅から越木岩神社に向かう坂道の途中に新しいフレンチカフェがオープンしています。

4月12日に新規オープンしていて、6月からは夜のカフェ営業もスタートしました。

お店の名前は「Cafe M.kuro(カフェ ミニクロ)」。

ご主人は芦屋にあるカジュアルフレンチ「Kuro96(クロクロ)」で働いていたそうで、こちらのお店はKuro96の姉妹店という位置付けだそうです。

モーニング、ランチ、ディナー、テイクアウトとメニューがとても豊富ですが、今回はランチタイムに伺ったのでランチメニューを頂いてきました。

住宅街の中、坂道の途中

お店は阪急苦楽園口駅から越木岩神社に行く途中にあります。

越木岩神社に行った事のある方ならお分かりだと思いますが、神社に行くには長い上り坂を上らなければなりません。

こちらがその坂道です。

この坂道を上っている途中の左側にお店が見えてきます。

こちらがお店の外観。

見るからにカフェという外観なのですぐに分かると思います。

このような看板も出ています。

シックでカジュアルな店内

お店の中はカジュアルな内装ですが落ち着いた雰囲気もあり、まさにフレンチカフェといった感じ。

こちらが店内の様子。

テーブル席とカウンター席があります。

このような手書きの可愛いイラストもありました。

真ん中のキャラクターはお店のイメージキャラクターでしょうか。

入り口の外にはバルコニー席もあります。

この日は雨が降っていましたが、晴れている日には外でモーニングやランチも良さそうですね。

Cafe M.Kuroのメニュー

メニューはとても多いのですが、まずはこちらが8:00~11:00のモーニングメニュー。

トーストやサンドイッチが中心です。

こちらがランチメニュー、バーガー&サラダ、単品メニュー、デザート、ドリンク、テイクアウトメニューです。

ランチのメニューは11:00~16:30と書いてありますが、売り切れるまでは大丈夫だそうです。

こちらが最近始まった夜カフェのディナーメニューです。

夜は一品料理とアルコールが中心ですので、カフェというよりはカジュアルレストランといった感じでしょうか。

個人的には夜の大人パフェがすごく気になるところです。

Cafe M.Kuroの週替わりランチ

ランチタイムには週替わりのランチメニューの他、ハンバーガーやサンドイッチ、単品メニューもあります。

今回は週替わりランチの中からお肉ランチを選びました。

また週替わりランチ限定で天然岩牡蠣を追加できるとの事ですので、せっかくなので岩牡蠣も。

まずはスープと十穀米。

自家製パンか十穀米を選ぶのですが、今回は十穀米にしました。

スープは冷製のヴィシソワーズです。

夏場の暑い時には冷製スープが特に美味しいですね。

そしてこちらがメインの「栗豚のカツレツ 自家製トマトソース添え」です。

カラッと揚げられる事で豚ロース肉の甘さと美味しさが引き立っていて、自家製のトマトソースも甘さと酸味のバランスが絶妙でカツによくあっています。

付け合わせのサラダのドレッシングはオリーブ油とバルサミコ酢。

フランス料理というよりはどっちかというとイタリア料理という感じがしますが、ご主人によると料理のジャンルにはこだわらず、美味しいものを食べて欲しいとの事でした。

こちらが追加で注文した岩牡蠣。

大ぶりで濃厚な味わいの牡蠣で、海のミルクと言われる理由がよく分かります。

写真は生牡蠣ですが、焼き牡蠣に変更する事も可能です。

ドリンクはホットコーヒーにして、食後に持ってきて頂きました。

注文が入ってから一杯ずつハンドドリップで淹れる本格的なコーヒーです。

ゆっくりできるお店の雰囲気も相まって、ランチの後のコーヒータイムはやっぱり至福ですね。

INFORMATION

Cafe M.Kuro (カフェ ミニクロ)