GOURMET

阪神西宮|一杯のビールから始まる物語「a little」

突然ですがみなさんは好きな飲み物はありますでしょうか。
私の好きな飲み物はビールです。
キンキンに冷えたグラスで飲むビール!たまりませんよね。
特にこの暑い時期、いつも以上に美味しく感じます。

さてさて、ここでビールの飲み方について話させて下さい。
ビールの種類もさることながら多種多様な飲み方があるビール!
きっとビール好きの皆さんはお気に入りの飲み方があるはずです。
お店で生ジョッキを「グイッ」飲むのも良いですし、瓶ビールをグラスに注ぎ飲むのも良し、キンキンに冷えたグラスを用意し家でくつろぎながら飲むのも良いですよね!

今回はこれらとは違ったちょっと変わったビールの飲み方ができるお店がありましたのでご紹介したいと思います。

竹カップで飲むビールは格別

ちょっと変わったビールの飲み方、それは「竹カップでビールを飲む」という飲み方です。
「竹カップ」と聞いてビックリされたア・ナ・タ!安心して下さい。
私もビックリしました。

「竹カップ」と聞いても泣かな想像できないですよね。
写真を掲載しているので見てみてください。

その名の通り竹でできているカップなんです。
見た目から楽しめますよね。
竹風味のビールが楽しめるのかな?とビールを一口ゴクリ。

「うん。」
味、香りともに普通のビールでした。
ただ一点特筆すべき点は、泡の細かさです。
竹カップに注がれたビールはどういう原理か分かりませんが、とにかく泡が細かいのです。
わたくし、少々ビールの泡には口うるさいのですが、納得の細かさでした。
きめ細かくクリーミーな泡が私を満足させてくれましたね。
竹カップ飲むビール最高です。

竹カップ、おつまみ付きのセットメニュー

竹カップで飲むビールはビールにおつまみがついて1,000円です。
おつまみは素焼きのナッツでした。
このおつまみも竹カップに盛られ提供されます。

そしてなんとこの竹カップですが、ビールを飲みおつまみを食べ終えた後はそのまま持ち帰ることができるんです!!
ビールを2杯飲めば2つの竹カップが、ビールを3杯飲めば3つの竹カップが貰えちゃいます。

カップの使い方は人それぞれ。
カップとして使うのも良し、小物入れとして使うのも良し、ペン立てとして使うのも良し、10人いれば10通りの使い方があるはずです。

ビール以外の商品としてはフルーツジュースが販売されていました。

竹カップを使う理由

竹カップを使うのにはそれなりの理由があります。
竹カップを使う理由、それは放置竹林に対処するためなんですね。

放置竹林は全国的に見ても問題になっているニュースです。
整備されていない竹林の増加は山の保水力が低下に繋がり、土砂災害が発生の要因ともなります。

今回a littleさんがカップとして使用していた竹は西宮船坂の放置竹林なんです。ビールを飲んで船坂の山を守ることができる!

なんていい取り組みなんでしょう。

a litteとは

ここで竹カップでビールを売るお店「a little」について少しご紹介したいと思います。
a litteはいつもは子育て支援を(子育てに限らず人のためになる活動を全般的に)行っているNPO法人です。

今回は活動の一つとしてノーラマルシェに出展、ビールを販売されていたんですね。

これからも機会があればイベントに出展していきたいと代表の坂口さんにお話を聞くことができました。
お話の中で今後の展望についてもお話をお伺いしたところ、なんと!
近日中に西宮北口周辺に「a littleカフェ」をオープンされるとのことでした。
どんなお店になるか楽しみです。
お店がオープンしたらまた皆さんに情報をお届けしたいと思います。

INFORMATION

a little(イベント出展)

この記事を書いた人

Wow!(就労継続B型事業所)

ライター

西宮にある障害福祉事業所です。 Wow!では、お仕事に関するお悩みを持つ方々を対象に「働くこと・働き続けること」をサポートしています。 就職を目指す取り組みの一環として、Wow!に通われている利用者さんがニシマグでのライター業務を体験、情報発信に取り組んでいます。

関連記事

GOURMET

2024.07.20 Sat

西宮北口|地元で長年愛されている居酒屋さん!ランチライムにはお得な定食も!

奥 大輔

GOURMET

2024.07.19 Fri

JR西宮|社会福祉協議会が運営するカフェ!地域の方々が集う交流の場所!

奥 大輔

GOURMET

2024.07.17 Wed

鳴尾|創業45年の老舗! 自家製麺メニューも豊富な隠れ家的なお食事処!

センター

GOURMET

2024.07.12 Fri

今津|これぞまさに純喫茶!地元の人々の憩いの場所!

奥 大輔