GOURMET

苦楽園口|色々とお得になるエントリー制度とは?!なんと原価で頂ける焼肉屋さん!

「原価焼肉」という衝撃的な看板を目にした事はありますでしょうか。

私も初めて見た時には目を疑いました。

お店の名前は「牛倭心伝」。

どういう事かと思ってお店に入ってみたら、エントリー制度という制度があり、エントリー料金を支払った場合に全てのメニューが原価で頂けるというシステムの焼肉屋さんのようです。

これはぜひエントリーしなければ!

という事で今回は原価焼肉「牛倭心伝」をご紹介します。

お店は今津、鳴尾、苦楽園口にあるのですが、今回は「牛倭心伝 苦楽園店」に行ってきました。

苦楽園口駅から西、苦楽園口通沿い

阪急甲陽線の苦楽園口駅から西に行った、苦楽園口通沿いにお店があります。

こちらがお店の外観。

一階には「天がゆ」という天ぷら屋さんがあるのですが、その二階が牛倭心伝です。

お店の外にもこのような看板が出ています。

この階段から二階に上がりましょう。

こちらがお店の入り口。

エントリー制度の説明の看板はここにあります。

大人の場合はエントリー料金の1,000円を払うと全てのメニューが原価になるとの事。

これはお得です!

シンプルな内装ながら活気に溢れた店内

店内はシンプルな内装で、高級焼肉店というよりはどちらかというと大衆食堂のような感じ。

テーブル席と座敷席があります。

こちらがテーブル席。

こちらが座敷席です。

私が行った時も予約のお客さんでいっぱいで、お店には活気が溢れていました。

やっぱり人気店なんですね。

牛倭心伝 苦楽園店のメニュー

こちらが料理のメニュー。

通常料金とエントリーした場合の料金が記載されていますが、例えば塩タンは通常料金960円がエントリーしたら630円、特撰カルビは通常料金1,800円が1,000円という具合です。

とんでもなくお得ですね!

エントリー料金は一律ですので、食べれば食べるほどどんどんお得になっていきます。

こちらがドリンクメニュー。

ドリンクもエントリーすればもちろん原価になります。

焼肉にあいそうなお酒類が充実していますが、エントリーした人限定のお得なデカサイズもありますよ。

いよいよエントリーして原価焼肉を!

もちろんエントリー料金を支払ってエントリーします。

これで全てのメニューが原価に!

まずは生ビールを。

エントリーしているのでなんと250円です。

お肉の前にキムチ盛り合わせを注文。

こちらは300円です。

いよいよお肉を注文しますが、まず最初はやっぱり塩タンですね。

テーブルの上にコンロがありますので、これで焼いていきます。

タンは焼き過ぎない方が良いと思います。

片面を焼いて、ひっくり返したら少しレアなくらいで頂くとタンの旨味が口いっぱいに広がります。

続いてはこちらの「らんぷステーキ」

美しいサシが入っていて、火を入れると脂が溶け出してきます。

脂の甘味と赤身の旨味のバランスが絶妙!

こちらは「焼すき」。

エントリーした人のみが注文できる特別なメニューです。

焼すきは軽く炙るような感じで焼いて、溶き卵につけて頂きます。

味付けはすき焼き風ですが、すき焼きよりレアに焼いているのでお肉の美味しさがさらに感じられて絶品です。

どんどん行きますよ。

こちらは「特撰カルビ」「特撰ロース」「特撰ハラミ」です。

どれも綺麗な霜降りですが、焼くと脂が落ちるのでそこまでしつこくありません。

脂も上質なんでしょうね。

こちらは「ミノ」と「テッチャン」。

こちらは「焼レバー」です。

ホルモン類はみそダレで味がつけてあるみそ焼ですが、このみそダレも絶品でホルモンの美味しさを引き立ててくれています。

超人気メニューという事で気になったので、こちらの「極上牛寿司」も注文しました。

牛の旨味が堪能できて理屈抜きに美味しいです!

生で頂けるという事は鮮度も良いんでしょうね。

そろそろ〆ですが、〆といえば冷麺でしょう。

お腹はいっぱいでしたが、酸味の効いたスープでさっぱりと〆る事ができました。

冷麺で終わろうと思いましたが、デザートも食べちゃいました。

お腹いっぱいで大満足です!!

コスパ抜群の原価焼肉をぜひ!

こんなに安いのに、味は美味しい物ばかり。

コスパが抜群に良いお店です。

人気店のようですので行く時はぜひ予約してから行って下さいね。

INFORMATION

牛倭心伝 苦楽園店